キャバのヘルプについて | お金に困っている人はセクキャバで頑張るべき!
menu

キャバのヘルプについて

メガネを掛けている女性

日々いろんなお客さんがキャバクラに足を運んでくるわけですが、その際には指名が被るということもあります。
もちろん被ってしまった場合は、片方のお客さんに我慢してもらわなければいけません。
しかしそこでお客さんを待たせることはできないので、指名されているキャストの代わりにあなたが出動することになるでしょう。

ただしその際には絶対に気をつけなければいけないポイントがあります。
それは、お客さんを奪わないようにすることです。
普通だったら次につなげられるように、お客さんとイチャイチャするような接客になると思います。
しかしヘルプとして入る場合は、お客さんとイチャイチャしてはいけません。
つまり少し距離を置いた状態でお客さんとコミュニケーションを取ることが重要になります。

それはなぜか?というと、お客さんが指名したい人があなたに切り替わってしまうかもしれないからです。
普通に考えればそれは大きなメリットだと思いますが、そうなると指名されていたキャストから給料を奪うことにつながってしまいます。
よってどんなキャバクラにおいても、誰かのお客さんというのは絶対に自分のお客さんにしてはいけないわけです。
これは暗黙のルールになっていますが、キャバクラによっては正式に禁止しているようなところもあります。
もし万が一奪ってしまったら、あなたは奪われてしまったキャストとは間違いなくトラブルになるでしょう。
そしてそれだけではなく、場合によっては罰金によるペナルティが発生してしまいます。
だからヘルプとして入る場合は、常に誰かのお客さんであることを意識した上で無難な接客を心掛けるようにしましょう。